補聴器 老人
年齢を重ねると誰でも聴力が低下していきますよね。いわゆる老人性難聴になります。そんな老人性難聴に効果を試してみたいのが最新デジタル補聴器。

聞き取りをよくするためデジタル補聴器は日々進化しています。一般的に老人性難聴は、高音域から低下していきますので、高い声の女性や声の小さい人や早口の人等の聞き取りが悪く、聞き間違いをしたり聞き取れなかったりします。時として聞き間違いは、大きなトラブルを生じてしまうことがあるのです。

そんなトラブルを防止するには最新デジタル補聴器の装用がオススメです。

老人性難聴で「ボタンの掛け違い」ありませんか?

老人性難聴とは、年齢を重ねていくことによって少しずつ聴力が低下することです。一般的には、高音域から低下していきますので、高い声の女性や声の小さい人や早口の人等の聞き取りが悪く、聞き間違いをしたり聞き取れなかったりします。

人は聞き取れなかった時、「えっなに?」と聞き返します、聞き返しても聞き取れなかった場合、聞こえたふりをする人が多いのではないでしょうか?

何回も聞き返すというのは、お互いにストレスになりますよね。

聞こえたふりをしてしまい「ボタンの掛け違い」が生じて、相手に誤解を与えてしまうかもしれません。もし誤解が仕事で、大事な商談だったら聞き間違いましたゴメンナサイでは済まなくなりますよね。

今現在、老人性難聴の治療法はありませんので、選択肢としては、補聴器装用になるかと思います。

次の章では、進化する最新デジタル補聴器についてお伝えしますね。

進化しつづけるデジタル補聴器

一昔前のアナログ補聴器は、人の話し声も雑音も大きくなってうるさく、また音量を上げるとすぐにピーピーとハウリングをしました。

現在のデジタル補聴器は、聴力が違う各音域ごとに細かな調整が出来ます。また聞き取りをよくするための機能も良くなっています。

たとえば人の話し声と雑音を判別して雑音を抑制する機能や、前方の音だけを聞こえやすくする指向性という機能やピーピーと音がするハウリングを抑制する機能などです。性能は日々進化しています。

そして機能だけではなく補聴器の形も進化していおり外からほとんど見えない耳穴型補聴器や、耳のうしろに隠れてしまう小型の耳かけ型補聴器を見ていただくとビックリすると思います。

老人性難聴に活躍が期待されるデジタル補聴器。まだまだ進化の過程です。

今後はスマートフォンやインターネットを介して補聴器はいろいろなことができるようになります。たとえば自動翻訳やナビゲーション等です。

まとめ

老人性難聴により会話が聞き取りにくくなったら補聴器を検討しましょう。

最新デジタル補聴器は、性能も良く小型で目立たなくなっています。

補聴器装用で聞き取りを改善して充実した楽しいセカンドライフを送りましょう。