失敗しない 補聴器販売店

難聴になればだれでも相手の話声が聞きずらい。特にマスクをして話す人は口を塞いでいるのでなおさらだ。普通の人でも小声で話されると聞きずらいのにましてや聞こえてないと無視されたと思われ不快感をいだかれてしまう。難聴の人は補聴器してるから普通に話せば聞き取れるだろうと一般の人は思ってしまう。それは間違っている。今コロナ禍の中でマスクをしていて、テレビでマスクを付けて話をしていると、特に重度の方は口元を見て理解しているから、補聴器をしてても話の内容が分からないそうだ。また手話を通じてみていても同義語の判断はできないとテレビで放送していた。私もなるほどと納得。

相手の顔の表情を見ながら話してみよう。

聞こえは大事だから、補聴器の点検や調整も必要です。まだ自分は聞こえは大丈夫と思っている方ほど難聴が進んでいるかと思います。

まとめ

頑固な人ほど意見を受け入れなく人に迷惑をかけている自分がいることを忘れています。相手の気持ちを分かってあげて素直な気持ちで接してください。